賃貸がいい?購入がいい?

FP, 賃貸不動産

プロローグ


「賃貸が良い?購入が良い?どちらが良い??」と
聞かれました!
事務所員
事務所員

所長
所長
なんてお答えしたの?

『お客様の状況によります!』って答えたら
なんだか腑に落ちないお顔をされてました。
事務所員
事務所員

所長
所長
賃貸VS購入は
永遠の論争だからね。。。

賃貸がいい?売買がいい?

『賃貸VS購入』という記事を定期的に見かけますが、
私はどちらが良いとか悪いとかは思っていません。

強いていえば『買う理由がある』方は買った方がいいと思っています。

資金面からの検討

まず、よく比較される資金面ですが、一生住まわれるのであれば、
どちらもそう変わらないと思います。

もちろん厳密にいえばあります。

低金利の今:

  • 購入:若干お得かな、と思います。
    ※但し不動産価格は史上最高値に近い状態を継続していますので、すごくお得という状況ではありません。
  • 賃貸:家賃を下げることもできます。調整もできちゃいます。

資金面から考えると、結局は一緒かな、と思っています。

賃貸

  • 更新料や住み替えの際の礼金や引越し代がかかりますが、
  • 設備が故障しても負担をする必要はありません
  • 高齢になっても借りられる法律もできましたので、その点も安心です。

参考リンク:高齢者の居住の安定確保に関する法律

購入

住宅ローンさえ支払えばいいイメージがあるかもしれませんが、

定期的にメンテンナンス費用の負担が必要です。
ローンの支払期間中も、
ローンの支払いが終わって、完済した後も維持費は生じます。

  1. 設備の修繕費用の負担が必要です。
    10年~15年に1回は、給湯やエアコン等の交換が必要になる
    かもしれません。
    戸建ての場合:屋上防水や外壁清掃もする必要があります。
  2. 水回り等のリフォームの検討が必要です。
    30年以上経過後のちには水回りのリフォームも必要になるかもしれません。

賃貸は、ご自身の状況によって住まいと住まいに関わる支出をコントロールできます。
購入は、当初は目に見えない支出を想定し、準備し続ける必要があります。

なお、将来的に買い替えを考えていて、購入した家を賃貸に出す余裕がある(※)
または、土地の資産性がある程度確保できるところであれば、購入もいいかと思います。

いわゆる不動産を資産として持たれる場合です。

※2つとも住宅ローン等が問題なく組める、もしくは現金で買える等の条件はクリアする必要があります。

一生に一度のお買い物と考えるのであれば、賃貸も購入も支払いでいえば
そう変わらないと思います。

賃貸もしくは購入のどちらを選択するかの基準

それでは、賃貸、購入のどちらを選択するのかを検討する際に、
基準はあるのでしょうか。ポイントは下記3つになると思います。

  1. 購入できる経済状況にあり
  2. ライフプランがある程度固まっていて
  3. 買う理由があるのであれば

買った方がいいと思っています。

 

社会派ブロガーのちきりんさんも同じことを著書でおっしゃられております。

このブログなんて必要ないなと思うほど
内容が凝縮されていますので、
気になる方はぜひ読んでみてください。
おすすめです。

【キンドル限定本】

購入できる経済状況とは

住宅ローンが組める状況かどうかがポイントです。
そして、頭金や諸費用(※)のお支払ができ、
ローンの毎月返済額も問題なく支払える金額かどうかということです。

※諸費用ローンなどもありますが、若干はお支払いいただいた方がいいです。また後日説明します。

収入が不安定であったり、まとまった現金がない場合は無理せず賃貸がいいかと思います。

ここは完全なるFP(ファイナンシャルプランナー)の領域です。

購入ご検討の場合、おおむね審査に問題がないのか、お支払いに余裕があるのか等のご不安がありましたら、ご相談ください。

 

ライフプランがある程度固まっているとは

ご家族構成がある程度確定していたり、お仕事場所も確定していたりの意味です。
変化がある状態ですと、間取りも場所も選べる賃貸が望ましいかと思います。

ここもFP(ファイナンシャルプランナー)の領域です。

多くの方のライフプランを見てきていますから、
どんなことが起こりうるかの情報提供はできると思います。

 

買う理由があるとは

  • この場所は譲れない。
  • 子どもは幼いころから同じ場所で育ってほしい。
  • ペットを買いたい。(賃貸では猫ちゃんは嫌がられる傾向があります)
  • DIYを思いっきりしたい云々。

賃貸では叶えることができないことがあるのであれば、
購入もいいと思います。

そのため、賃貸で探していても、

あれ?!この状況では購入の方がいいのでは?となりましたら、
臨機応変に考えていただくのがいいかもしれません。

 

先日も購入でお問合わせをいただきましたが、
結果、賃貸で引越されたお客様がいらっしゃいます。

  1. お支払い的には問題がありませんでしたが、
  2. まだ変更の可能性が大いにありまして、
  3. 賃貸で解決できる範囲でしたので、

今回は賃貸をおすすめした次第です。
また②のめどがつかれましたら、
購入のお話をさせていただく予定です。

 

そのため、「賃貸がいい?売買がいい?」と聞かれましたら、
FP(ファイナンシャルプランナー)の私としては、
「お客様の状況によります!」という回答になります。

賃貸VS購入で迷われていましたら、
当事務所はCFP(ファイナンシャルプランナー)と不動産屋の
2つの視点で情報提供ができますので、ぜひご相談ください。

関連記事一覧

住まいのことは株式会社a-designsへ

株式会社a-designs

サイト内検索