その投資用ワンルームマンションの不安、不動産専門のFPに相談してみませんか?

当サイトのリンクには広告が含まれています。

FP(ファイナンシャルプランナー)は、家計にかかわる

  • 金融・資産運用(NISA・積み立てNISA・ジュニアNISA、新NISA等)
  • 税制(所得税、住民税他)
  • 不動産(住まい、投資用マンション)
  • 住宅ローン
  • 保険(医療保険、損害保険、生命保険等)
  • 教育資金・ライフプランニング(奨学金制度、教育資金贈与等)
  • 年金制度(社会保険制度、個人年金、IDECO)など

幅広い知識をもった専門家です。その中でも

不動産に強いFPに相談することで、
今抱えている投資用ワンルームマンションに対するもやもやを解消できるかもしれません。

目次

不動産投資(投資用ワンルームマンション)でこんなお悩みありませんか?

  • 不動産投資をしてみたいと思って購入したけれど、上手くいっているのかどうかよく分からない。
  • このまま所有し続けていいのか、漠然とした不安がある。
  • 金利・管理費が上がって、支払いが増えた。これ以上の支払い増は想定外で、どうすればいいのか分からない。
  • サブリースから自主管理に切り替えたいが、そのプロセスと費用がどれくらいか知りたい。
  • そろそろ手仕舞い(売却)したいと思う。

漠然とした不安から具体的なお悩みまで、第三者に相談することで、解決策を見いだせるかもしれません。

私たちがオーナー様にできること

綾野一級FP事務所では、
投資用ワンルームマンションの所有者様に向けた
専門的なサポートを提供しています。

初回相談は一時間無料です。

お気軽にご相談ください。

ご相談時に、以下の書類をご準備いただければ、より詳細なアドバイスが可能になります。

必要書類

  • 売買契約書
  • 重要事項説明書
  • 賃貸借契約書
  • 管理委託契約書(ある場合)
  • ローン返済表
  • 購入時のシミュレーション
  • 確定申告書

具体的なサポート内容:

STEP
契約内容の確認と長期シミュレーションの作成
  • 契約書面の文言を確認するとともに、長期シミュレーションを作成します。
  • 現在の支払額(もしくは収入)、将来的な数字、メリット・リスクの幅を提示します。
  • 総合的にメリットが大きいことが分かれば安心して所有を続けることができます。反対に、リスクが大きいことが分かれば、対応策を提案します。
STEP
  • 長期シミュレーションから起こり得るリスクとその対応策を提案します。
  • 具体的には、入居者入れ替え時や設備にかかる費用などを算出し、月々積立を始めることをおすすめします。
  • 管理委託料や募集費用等が高い場合は、管理会社変更のご検討などをおすすめします。
STEP
ポートフォリオの中でアセットアロケーションとしての役割の確認
  • 不動産単体だけではなく、他の資産運用も含めたときの不動産の役割を説明します。
  • 不動産投資は、一般的にミドルリスク・ミドルリターンに分類されています。
  • 投資方針に合わせて、現預金・債券(国内債券・外国債券)・株式(国内株式・海外株式)・金とのバランスの取り方とそれぞれの特徴を説明します。
STEP
売却の検討
  • 損切りや利確が必要な場面であれば、売却をおすすめします。
  • 売却には、仲介と買取の2種類があります。最適な売却方法を提案します。
  • 売却益には税金がかかります。手残り資金の計算方法をお伝えします。
STEP
その他

ご状況に合わせて、適切なアドバイスを行います。

相談料金

  • 投資用ワンルームマンション全般のご相談:55,000円(税込)
  • ライフプランを含めたご相談:110,000円(税込)

せっかく購入した不動産をもやもやしたまま所有し続けることはもったいないことだと考えています。不動産という資産の特徴を再確認しながら、他の運用も行うことで、最適なポートフォリオのもと、納得の資産運用を行っていただければと思っています。

初回相談は一時間無料です。まずはお問い合わせください。ご連絡お待ちしております。

目次