不動産屋の豆知識

住み替え・現住居の待機予告のタイミング

leave-relocation-timing

住み替え・現住居の待機予告のタイミング

 

不動産屋で賃貸のお部屋探しのお客様から、聞かれることが多い質問がいくつかあります。

お部屋探しのお客様からの上位の質問とは

いろいろな質問の中でも上位にくるのがこちらです。

 

「今の部屋の退去っていつ伝えたらいいですか?」

基本的な答えは、「審査承認後です。」です。

 

理由は単純です。

審査承認にならなければ、引越しはできませんので、
不確定要素が確定してからの方が良いですよ、というものです。

ただ、これだとかなりお家賃が重複してしまうんですよね。

 

都心で空室(室内清掃済み)のお部屋にお申込を頂くと、
ご入居はお申込日の10日〜2週間後になります。

 

重複する家賃は解約予告の期間により異なります。

 

解約予告が1ヶ月の場合

審査承認後に退去を伝えると、約3週間家賃が重複します。

【例】

現在住んでいる住居賃料10万円の場合、
重複する家賃は
7.5万円です。

解約予告が2ヶ月の場合

審査承認後に退去を伝えると、1ヶ月3週間が重複します。

【例】

現在住んでいる住居賃料10万円の場合、
重複する家賃は17.5万円です。

 

 

解約予告1カ月の場合の対処法

解約予告1カ月の場合、重複する家賃は大きなコストですが、
初期費用のお支払いに余裕があるのであれば、下記のようなご案内をしています。

解約予告1ヶ月の場合

重複はあきらめて、受け入れたほうがメリットが大きいかもしれません。

むしろ想定内にして、初期費用に計算の際に加算して考えて頂いた方が良いです。

重複家賃は、もったいないですが、
数万円の差のために条件を妥協をしてしまう方がもったいないと考えるからです。

もし、入居を待ってくれるお部屋があったとして、
貸主さんのご厚意もあるかもしれませんが、
あまり人気のない部屋かもしれません

駅から遠かったり、実は生活がしにくいお部屋だったり。

重複期間がないことを条件にお部屋探しをしてしまうと、
結果、満足のいかないお部屋探しになってしまうかもしれません。

それで、またすぐ引越しするのであれば、それこそ引越し貧乏になってしまいます。

 

7.5万円の重複でも、4年間で考えると月々1,563円の支出です。
必要経費にして頂いた方が、より満足の高いお部屋に出会える可能性があります。

 

解約予告2カ月の場合の対処法

次に解約予告2ヶ月の場合です。

これが難しいんです。

お金にかなりの余裕があるのであれば、
1ヶ月と3週間の重複でも良いかと思います。

ですが、重複家賃17.5万円は、さすがにもったいないですよね。

おすすめは、解約予告を出してから、部屋を探すです。
腹をくくってお部屋探しに挑んで下さい。 


ただ、保険はかけておきたいので、

解約予告前に、貸主さんに万が一、次の部屋が決まらない場合
1週間ぐらい退去を延ばせるかどうか確認しておいた方が良いです。

この保険があれば、少し気が楽になります。

最悪、1週間あれば申込から引越しまでギリギリ可能です。

申込から鍵引渡しまで最低2週間必要な家主様もいますので、
日程がタイトな場合は、申込み前に確認しましょう。

 

保険がかけられない場合、それはそれで受け入れましょう。

 

 

目標は、1ヶ月後の申込、
重複3週間に抑えられるとベストですね。

 

なお、重複がある場合、家具のレイアウトを悩んだり、お引越しの準備も
余裕をもってできます。

重複期間も一概に悪いものではありませんので、現状(解約予告期間と初期費用)をふまえつつ、大きな買い物でもあるお部屋探し、ぜひ楽しんで下さい。