業務効率UP術

家庭用プリンターをCanon(キャノン) PIXUS MP620からCanon(キャノン) PIXUS TS8230に買い換えました

canon-pixus-ts8230

家庭用プリンターをCanon(キャノン) PIXUS MP620からCanon(キャノン) PIXUS TS8230に買い換えました

約10年ぶりにプリンターを買い換えました。せっかくなので、プリンターについてまとめてみたいと思います。

プロローグ

奥さん
奥さん
最近お家のプリンター、キュルキュルって音してない?
あやってぃ
あやってぃ
そうなんだよ。気づいた?!
プリンターの寿命は、年数ではなく、印刷枚数によって決まるそうですね。
(電気量販店の販売員さんが教えて下さいました)

 

家庭用のプリンターは、2008年ごろに購入して、放置期間が長かったのですが、

ここ数ヶ月酷使していたところ、異音が発生し出しました。

ということで家庭用プリンターを探すことにしました。

 

新しいプリンターを探すことにしました

会社の複合機購入のときと同じように、

探し始めてから迷子にならないように、まずは、

  1. 現在のプリンターで気になるポイント
  2. 次回購入時のプリンターで必ず欲しい機能

ピックアップしておくことにしました。

 

 

現在のプリンターで気になるポイント

10年以上前のプリンターなので、
プリンタードライバーが更新できず、スキャンが使えないことくらいです。
※参考にならないですね笑

きちんと印刷でき、インク代も特に気にならなかったので、我が家にとってはできるプリンターでした。

 

次回購入時のプリンターで必ず欲しい機能

このご時世、あたり前の機能ばかりだと思いますが、
2008年からの買い換えなのでご了承を。

  1. WiFi接続
    僕のパソコン(Windows)、奥さんパソコン(MacBook)からもダイレクトにプリントしたい
  2. スキャン機能
    →今の機種でもついていましたが、プリンタドライバーの更新ができず(機種が古すぎてバージョンアップ未対応)使用できない状態が続いていました。
  3. 給紙トレイが前面のもの
    自宅のプリンターの設置場所を考えた場合、給紙トレー(背面)は使い勝手が悪いため、給紙トレー(前面)のものが必須
  4. 4色インクまたは5色インク
    印刷のキレイさはMP620並みで十分です。家庭用プリンターの利用シーン:
     ・仕事の書類をたまにスキャンやプリント
    ・手紙やお礼状のプリント
  5. 顔料インク使用(黒のみ)
    自宅にいて、不動産業務で、急に申込手続をしないといけないときに、白黒で申込書を印刷する場合があります。その時に、インクが手についたり、擦れたりするのが苦手なので、定着しやすい顔料インク希望
  6. 独立インク
    白黒印刷が多いので、黒の交換頻度が高いです。
    コスト面を考えると独立インクでそれぞれの色ごとのインク交換希望
    ※使用頻度が高い時期と低い時期があるので、大容量インクにこだわりはなし
  7. 本体費用2万円以下

ここらでアマゾンで下調べしました。

 

あやってぃ
あやってぃ
給紙トレーは、背面タイプが主流になってきているみたいなんだ。
奥さん
奥さん
設置場所考えると、給紙トレーが背面のものは使いにくいんじゃない?
あやってぃ
あやってぃ
そうなんだよ。給紙トレーが前面で、4色か、5色インクものはCanon(キャノン)かブラザー(Brother)が良さそう。

 

Canon(キャノン)のPIXUS TS8230に決定

今回は、慣れているCanon(キャノン)に絞って、比較をしていきました。

僕が欲しい機能を備えていたのは、PIXUS TS8230でした。

というわけでCanon(キャノン) PIXUS TS8230(購入価格約2万円)を購入しました!

 

 

Canon(キャノン)のPIXUS TS8230のよかった点

使い始めて約1ヶ月が経ちました。良かった点をまとめます。

印刷がきれい+印刷音が静か

黒の顔料インクにこだわっていましたが、黒以外の染料インクが思いのほかきれいでした。写真印刷に関しては家で十分だな、と思います。

私の会社の複合機と比べても、かなりきれいです。

印刷するのときの音はかなり静かです。

 

スキャンデータはそのままクラウド転送もできます

スキャンしたデータは、パソコンに保存したり、メールに転送したり、クラウドに保存が出来ます。この機能も便利です。

ご家族や複数人で利用する場合

  1. 同じクラウドサービスの複数のアカウント設定ができません。
    【例】Google Driveを設定できるのは1アカウントのみです。
    その場合には、DropBoxやその他クラウドサービスの設定は可能です。

    それぞれ1アカウントのみ設定可能
  2. PINコード(暗証番号みたいな感じのもの)設定はありません
    クラウドサービスを選択すると、フォルダーやファイル名は、他の利用者から見えます。

 

本体サイズがコンパクト

MP620よりも横、高さ、奥行ともに10センチ程度コンパクトです。
スペースが増えたので、地味に嬉しいです。

 

プリンター本体の電源を切っていても印刷できる

PCから印刷の指示を出せばプリンターの電源が入ります。地味なことですが、ノートPC等で別の部屋で作業している場合、便利です。

 

排紙トレーは自動で格納されます

プリントを出力した後に、排紙トレーをもとの状態にする場合は、電源の切るボタンを押すとトレイが自動で収納されます。

個人的には近未来的な感じがして好きです。

 

Canon(キャノン)のPIXUS TS8230の気になる点

気になる点をまとめます。

初期設定がなんだかよく分からない。

アマゾンかどこかの口コミでも書かれていたのですが、初期設定の際にエラーが起こりました。

PCにプリンタドライバーをインストールしてもプリンター本体との連携ができませんでした。

よく分からないな、と思い一定時間放置したときろ、いきなり設定できるようになっていました。

どの段階でのエラーかも何が原因かも全くわかりませんでしたが、設定は少し時間がかかること、頭に入れておいてもらった方がいいかもしれません。

TS8230 seriesネットワーク設定方法

WiFiルーターの設定方法や、ルーターを介さずダイレクト接続する場合の設定方法の公式ページです。

 

前面の給紙トレイが飛び出てデザインです

本体がコンパクトになったため、給紙トレー(前面)が4cmほど飛び出た個性的なデザインです。

canon-pixus-ts8230-frontcanon-pixus-ts8230-前面部分デザイン

 

 

スキャンの待ち時間は長めに感じます。

家庭用なので、当然ですが、スキャンの待ち時間は長めに感じます。

 

スマートスピーカーでできることは少ないかもです。

インクの残量などプリンターの状態確認も可能です。

個人的意見ですが、本体で確認した方が早い気がします。今後の改良に期待といった感じです。

 

今後使ってみたい機能

  1. 「PIXUSトークプリント」
    「LINE」で「ピクサス」を友だち追加することで、トーク画面でプリント可能。

 

 

以上です。

10年越しの買い替えなので、全く参考にならないかもしれませんが、2万円以下で欲しい機能を満たしてくれていて、私としてはとても満足しています!